巻き爪・陥入爪に予防のための靴選び【巻き爪じゅん千葉駅前店】

著者:巻き爪じゅん 千葉駅前店 木原淳一

【巻き爪じゅん 千葉駅前店】では巻き爪・陥入爪になる原因はなんですか?という質問をされることが多いです。

【巻き爪じゅん 千葉駅前店】の考える巻き爪・陥入爪の原因は2つあります。
1つは遺伝的に巻こうとしてしまう爪の性質です。
もう1つは足の指の使い方です。
それなので、変えることができるのは足の指の使い方です。
足の指の使い方を変え巻き爪・陥入爪を予防するためには靴選び・靴下選びもとても重要です!

目次

・足の指の使い方を変えることは簡単か?難しいか?

・足の指の使い方を変えるのが大変な理由!

・足の指のクセを変えるために必要な補助用品!

・巻き爪・陥入爪を予防する靴選びのポイント!

・巻き爪・陥入爪を予防する靴下選びのポイント!

・巻き爪・陥入爪を予防するインソール!

1・足の指の使い方を変えることはカンタンか?ムズカシイか?

足の指の使い方を変えるのはカンタンなことではありません。いっ時足の指の使い方を変えることはできますが、常時足の指の使い方を変えることはとてもムズカシイことだと思います。

2・足の指の使い方を変えるのが大変な理由!

歩くこと・足の指を使うことを、論理的に教わっってから覚えた方はいないと思います。
そのため人それぞれ自己流のクセがあります。クセを変えるのは大変ですよね。

3・足の指のクセを変えるために必要な補助用品!

足の指のクセを変えるために必要な補助用品は靴・靴下・インソールです。

4・巻き爪・陥入爪を予防する靴選びのポイント!

巻き爪・陥入爪を予防する靴選びのポイントをカンタンに言うと足にピッタリとあった靴を選ぶことです。
自分の足とぴったりの靴を手に入れる方法は自分の足に合わせてフルオーダーで注文することです。
ただし費用が高くついてしまうので大変です。【巻き爪じゅん 千葉駅前店】でも3Dの足形測定器を準備してあるのでオーダー可能です。必要な方はお声がけください。
市販の靴を選ぶ際のポイントは5つあります。
①靴の長さと足の長さを合わせる。
長すぎても短すぎてもよくありません。
巻き爪・陥入爪の方は爪の痛みが出ないように大きめの靴を選択している方が多いです。
靴が足に対して長すぎると無意識に足の指で空間を潰してずれないようにしてしまいます。結果として浮き指になってしまう原因になります。
靴が足に対して短すぎると足の指を曲げたまま踏ん張ることになるのでハンマートゥなどになってしまう原因になります。
②靴の幅と足の幅を合わせる。
巻き爪・陥入爪の方は爪の痛みが出ないように大きめの靴を選択している方が多いです。
靴の幅が足に対して広すぎると開張足になってしまう原因になります。
③靴の高さと足の甲の高さを合わせる。
巻き爪・陥入爪の方は爪の痛みが出ないように大きめの靴を選択している方が多いです。
靴が足の甲の高さに対して高すぎると、靴の中で足が前方に滑りハンマートゥやウオノメ・角質・タコの原因になるだけでなく爪が靴に当たることで爪の内出血や肥厚爪の原因にもなってしまいます。
④靴の踵の周りが硬くしっかりとホールドしてくれること。
足の指を上手に使うためには地面に足を接地する際に踵から接地する事が大切になります。
靴の踵の周りが硬くしっかりとホールドしてくれていると、踵から地面に接地しやすくなります。
⑤靴のポールジョイントと足のトゥブレイクがあっていること。
靴にポールジョイント(靴のつま先の曲がる部分)があり、足のトゥブレイク(足の指の付け根の曲がる部分)と合っていることは足の親指を上手に使うためにとても大切です。
靴のポールジョイントと、足のトゥブレイクは聞き慣れない言葉だと思うので上の画像でも説明します。参考にしてください。
また靴ひもなどは毎回締め直し、靴と足がフィットした状態を意識してみて下さい。

5・巻き爪・陥入爪を予防する靴下選びのポイント!

靴下も今は繊維を織り込み、いろいろなサポートをする事ができます。【巻き爪じゅん 千葉駅前店】では足のアーチをサポートして足の指を伸ばすサポートもしてくれる「ケアソク」をオススメしています。購入希望の方はお声がけください。代表の木原も毎日着用しています。

6・巻き爪・陥入爪を予防するインソール!

足の指の使い方を変えるためには、インソールでのサポートも有効です。
次回は「巻き爪・陥入爪を予防するインソール」について投稿させていただきます。
楽しみにしておいてください。

目次